スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一话《独眼小姐》

插图:丹工氏
文字:丹青氏

很久以前,我曾经在一户贵族家里干活。
主人是个贵族小姐,为人有些冷漠,然而待我很好。
我一直都不知道,她为什么会丢失了一只右眼。
平时,我看到的永远只有一幅景象——
她站在阳台上,神情高傲,
用总是戴着绣有华丽蕾边的右手套,
轻轻地抚摸着同样华丽的右眼罩,仿佛正在沉思。
而仅有的左眼,向上天看着,好像正在追寻什么……
这时候,微风吹来,使得她长长的秀发飘飞几下,
随后我又看到她那轮廓分明的嘴唇动开了,
许久才明白她只是反复地呼唤着一个单词而已……
据说那是她死去的爱人名字……

——艾尔·唯尔博里特·达雅记于123456789年6月7日

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ziyong.blog84.fc2.com/tb.php/4-6c0a5c9a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。